ギャンブルとは違う投資競馬で稼ぐ考え方

競馬はギャンブルの一種として一般的に知られています。
しかし、ギャンブル目的で競馬を楽しむ方法とは趣が異なる、投資競馬というやり方も存在します。
投資競馬の特徴ですが、趣味というよりも、第一に儲けることを目標とします。ギャンブルによる競馬の場合、気軽に好みの馬券を買って勝ち負けを楽しみますが、この方法だとそのレースに勝つ根拠が曖昧なため、負ける確率が高くなってしまいます。

一方、投資競馬に挑む場合、このような適当な気持ちで賭けに挑みません。勝率の高いレースに的を絞り、馬券を購入するのがポイントです。コツコツと勝利をおさめ、資金を増やしてより多くの利益を求めます。
成功するには勉強が必要です。

勝率の高い、自分に合った方法を見つけ出します。
勉強の仕方には色々ありますが、オーソドックスに実践を積み重ねて負けない競馬投資のコツを導き出すのがおすすめです。

そのためにはまず、少ない資金から始めます。
慣れないうちから大きな資金で馬券を買ってしまうと、たった数回の失敗であっという間に資金を失ってしまいます。これでは競馬を続けられません。実践で勉強する機会が減ってしまうのがデメリットです。しかし、1レースごとに少ない資金で挑めば、負けても少ない損失に限定されるため、再びレースにチャレンジすることができます。

1回のレースで数百円程度の賭金でも構いません。
ごく小さな賭金でコツコツとレースをこなし、一定の金額まで稼ぐ目標を立てます。目標金額は低めにするのがおすすめです。

最初に用意した金額よりも少し高いくらいの目標金額にします。例えば、1万円の投資資金なら1万5000円を目指すという具合です。
1万5000円より低い金額でも問題ありません。
低い目標にし、稼ぐ難易度を下げておくのがポイントです。高すぎる目標金額だと大きく稼ごうと無茶をして大損する心配があります。

リスクを防ぐ、とても有効なテクニックです。
何度も勝ちと負けを繰り返すでしょうが、負けたレースが重要です。
勝ったレースからも学べる部分はありますが、どちらかといえば負けたレースからの学びが多いです。負けたレースの状況、馬の特徴などを確認して、何が悪かったのかをその都度考えるようにします。

忘れないように記録としてメモを残しておくのも良い対策方法です。負けても諦めずに継続することが、投資競馬では最も大切なことです。
負けが込んだときには一旦競馬から離れて負けレースを分析し、準備が整ったら少額資金で競馬に再チャレンジすれば次第に投資スキルが向上します。

SNSでもご購読できます。