ライブチャットで個人情報を守る方法

    2020年からは外出自粛の影響で収入が減ってしまったと感じる人も多いのではないでしょうか。
    そのため、スマホでできる副業に関心を持つ人も増えたと言われています。

    特に2020年から人気を呼んでいる副業の一つにチャットレディーがあります。
    これは成人女性であれば誰でもできるもので、ノンアダルトでも利用が可能です。
    一方で、チャットレディーというとアダルトなイメージが強く、どうしても個人情報がばれてしまうのではないか、身バレしたら困る、などと感じる人もいるかもしれませんね。ここでは、身バレを防ぐために必要なことを紹介します。

    基本的に、ライブチャットは出会い系ではありません。
    確かに男女が疑似恋愛を楽しんだり、アダルトな話を楽しんだりする場所ではあるのですが、決して出会いを提供する場所ではないのです。そのため、LINEなどの個人情報の交換は禁止されており、これらが発覚してしまうとアカウントを停止されてしまうリスクもあります。

    これはライブチャットで副業するためにも大切なルールであり、個人情報を守るために必要なものですから、しっかりと覚えておきましょう。
    男性の中にはLINEなどの個人情報を聞いてくる人も少なからず存在します。
    しかし、これはライブチャットを利用する上で遵守しなければならないルールであり、自分の個人情報を守るために大切なことでもありますので、LINEなどの個人情報は教えないようにしましょう。

    他にも、個人が特定されるような話はしないようにしましょう。
    もちろん、自分の家族構成や仕事、趣味について話をする人もいますが、全て正しく話さなければいけないというわけではありません。

    確かに、これらについて話すことに躊躇しない人もいますし、自分で「これらを話しても大丈夫」と思うのであれば問題ありませんが、少しでも身バレを防ぎたいと思うのであれば、このような話題を避けるのではなく、ある程度自分のキャラ設定をしておくことが大切です。

    また、自分の写真を掲載するときは、自分だと特定できる部分は載せないように気をつけましょう。
    確かに、ライブチャットの中には顔出ししている女性も多いですが、必ずしも顔出しをしなければいけないわけではありません。

    確かにプロフィールには顔写真を使った方が良いと言われますが、必ずしも顔全体を写さなければいけないわけではありません。
    顔のほくろやアザはアプリなどで隠しておいた方が良いですし、もしもウィッグがあるならばのようなものを使い、髪型を変えてみても良いでしょう。個人が特定できる特徴を写真に出さないことも大切です。

    SNSでもご購読できます。