ネットビジネスで起業した時のメリットはいくつかあります。
ネットビジネスは個人事業で在宅ワークになりますので、
ネットビジネスのメリットも在宅ワークと共通している部分があります。

その内の1つは時間的に自由になれる事です。

通常、会社に就職した時は、
決まった曜日に、決まった時間に出勤しなければなりません。

しかし、在宅ワークは出勤する必要がありません。
また、在宅ワークの完全出来高制の業務では、
勤務時間も決まっていない勤務形態が多いので
このような業務の場合は、
好きな時間にだけ仕事をする事ができます。

このように仕事をする時間を自分で決められるようになると
特に小さい子供がいるママには都合が良いようで
子供が起きている時は一緒に遊び、子供が寝たら仕事をする、
といった生活ができるようになります。

自宅で育児ができると保育園などに子供を預ける必要も
無いのでその分の費用も抑えられます。

このような理由で在宅ワークをする方は、特に主婦の方が多いようですが、
仕事の時間が自分で決められるメリットは、
ママや主婦だけにあるわけではありません。
会社務めのサラリーマンにもメリットはあります。

サラリーマンでも副業をしたい人はいますが、会社帰りにバイトをするとなると、通常は労働契約上、勤務時間が決まったバイトをする事になります。

ところが、本業で急な残業などが入るとバイトに間に合わなくなり遅刻することになってしまいます。
その点、好きな時間に仕事を始められる在宅ワークなら、遅刻することもありません。

残業で遅くなり、帰宅後パソコンで仕事を始める時間が遅くなっても労働契約上は何の問題もありませんし、遅くなって作業量が少なくなった分は、それだけ終わる時間を延長し作業量を増やすことも自由にできます。

勤務時間が自由になるメリットは、まだあります。
例えば体調が悪い時などです。
風邪気味で熱が出てきた時など、職場では辛い思いをしながら終業時間まで耐えなければなりません。
早退したとしても帰宅するまでの間も辛い思いをします。
その点、在宅ワークなら仕事を中止し直ぐに薬を飲み寝る事ができます。

ここまで、在宅ワークの1日の勤務時間の柔軟性について説明しましたが、在宅ワークで自由になれるのは、その日の時間だけではありません。
勤務時間が好きに決められるという事は、日によっては全く仕事をしない日も作れるということなので、休日も自分で作れるということになります。

このように在宅ワークなら勤務時間も勤務日も自分1人で決められるので、ネットビジネスを本業にすると、その日の予定だけではなく、1ヶ月の予定も自分の都合の良いように立てられるようになる、というメリットがあります。